太陽光発電のメリットその2:環境に優しい

太陽光発電のメリット2 環境に優しい

eco

太陽光発電は、太陽光エネルギーを利用して発電して、石油や石炭、天然ガスなどの限りある資源を消費しない、再生可能エネルギーの代表です。

(石油は約39年後、天然ガスは約61年後に 枯渇するという試算があります。)

また、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーは、火力発電のようにCO2(二酸化炭素)を発しないので、 地球温暖化対策にもなるのもメリットです。水や空気を汚さないクリーンな発電方法です。

京都議定書のCO2削減目標を達成するための方策として、日本政府は原子力発電に頼る部分が多かった
のですが、原発事故のあと、脱原発を求める人が増え、太陽光発電などの自然エネルギーを利用した発電がよりいっそう注目を浴びるようになりました。

再生可能エネルギーには、太陽光発電のほかに、風力発電、水力発電、バイオマス(廃材や作物を燃やした熱利用)、地熱発電、太陽熱利用、 雪氷熱利用、地中熱利用などがあります。

エネルギー全体でのシェアは、太陽光発電をはじめとする新エネルギーは1%強とまだまだ少ないのですが、 環境破壊をしない持続可能なエネルギーであるというメリットは大変大きく、今後の発展が期待されます。

 

Topページ 太陽光発電のメリットとデメリットに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。