蓄電池つき太陽光発電のメリットとデメリット

蓄電池つき太陽光発電を自宅に導入するメリットとデメリットについてまとめました。

蓄電池つき太陽光発電のメリット、メリット

蓄電池(バッテリー)をつけるメリットは以下のようなことがあります。

  • 停電時に貯めていた電気を使用できる
  • 昼間発電した電気を夜間に使用できる
  • 夜間の安い料金で電気を買い、貯めておける

蓄電池つき太陽光発電のデメリット、デメリット

蓄電池つき太陽光発電のデメリットは次のようなものがあります。

  • 価格が高く、費用がかかる
  • 屋内に蓄電池を設置しなくてはいけず、場所を取る
  • 機種によっては、太陽光発電の売電価格を下げられてしまう
  • もし余剰電気を夜間に使うために貯めておくなら売電できない

価格については、蓄電池の容量によって様々ですが、数百万円単位もあります。なお、補助金やレンタルもあります。

蓄電池と売電については、エネファームなどとのダブル発電と同様、買取価格を下げられてしまう場合があります。

蓄電池を利用しても売電に影響しないことをメリットとして売り出している太陽光発電システムの機種もあります。

どのようなタイプの太陽光発電システムを選ぶのかを、業者に見積もりを出してもらって相談するのも1つの方法です。
施工会社によって、扱えるメーカーの種類が異なるので、必ず複数の業者から見積もりをとりましょう。

相見積もりをとるには、一括見積もりサイトを利用するのが便利です。

 

おすすめ一括見積もりサイト

太陽光発電システム導入を決めたら、一括見積もりサイトで、各業者の工事費用やアフターサービス、扱えるメーカーなどを比較しましょう。

タイナビ、価格.comどちらも、厳選した業者のみを紹介してくれるので安心です。

提携している業者が違うので、両方に見積もりを依頼して比較してみると良いかも。

タイナビ

利用者数No.1、業界最安値保証の一括見積もりサイト

【タイナビ】太陽光発電一括見積りナビゲーション

価格.com

システム導入後にアンケートに答えると、謝礼がもらえるキャッシュバックキャンペーンあり。

太陽光発電 最安値は価格.com

 

Topページ 太陽光発電のメリットとデメリットに戻る