カテゴリー別アーカイブ: トラブル防止のポイント

太陽光発電の出力抑制とは?

太陽光発電のデメリットの1つとして、発電量が不安定なことがありますが、その原因の1つとして、出力抑制が頻繁に起きてしまう場合もあります。

出力抑制とは、発電した電気の電圧が107Vの上限値に達すると、自動的にパワーコンディショナーが出力を抑制して発電量を減らし、電圧が適正に戻ると自動的に解除されるしくみのことです。

この出力抑制という機能はなぜ搭載されているのでしょうか?

 

家庭用の電気は95V~107Vに調整されている

高圧電線を通って送られて来た電気は、電信柱の上部に付いている変圧器(トランス)によって、家庭用100Vの電圧まで下げられてから各戸に供給されます。
この電圧は100Vぴったりではなく、実際には101V±6Vの許容範囲内で上下しています。

周辺で電気が余り使われていない時は全体に高めの電圧になり、逆に多く使われている時には低めになる傾向があります。

 

太陽光発電の電気を送電するとき、電圧が高すぎると周りにも影響

一方太陽光発電で発電した電気は、パワーコンディショナーによって電圧が調整されています。
天気が良くて発電がフル回転状態になると電圧が高めになりますが、その時電圧が上限値レベルまで上がったまま電力会社に向けて送られると、周辺の住宅に送られる電気の電圧まで上がってしまう場合があります。

家庭で使われる電気製品は、高過ぎる電圧で使い続けると故障や不具合の危険性が高まります。

 

この送電網への電気の供給過剰を防ぐために、太陽光発電には出力抑制の機能が搭載されています。

出力抑制の作動中には、パワーコンディショナーのモニターに「電圧」の表示が点灯したり、ランプが点滅したりします。
ただし、余りにも頻繁に出力抑制が起こる場合には、全体の発電量が大きく減ってしまう原因にもなるので、電力会社に対応してもらうことをお勧めします。

簡単な工事で変圧器とパワーコンディショナーの間の電圧を調整すれば、すぐに正常に発電するようになります。

 

太陽光発電 デメリットについてはTOPページへ