業者選び③ 太陽光発電業者の営業形態と、それぞれのメリットとデメリット

太陽光発電の業者の営業形態には、訪問販売・電話勧誘と、インターネット販売、一括見積もりサイトへの登録などがあります。

(他には、メーカーのFC店になり、メーカーから受注する、チラシや店頭での宣伝などももちろんありますが、ここでは主に上の3つについて書きたいと思います)

 

訪問販売・電話勧誘

もともとは太陽光発電は訪問販売が中心となっていたそうです。電話での勧誘で始まり、そのあとに訪問してのセールスになることもあります。

訪問販売のメリットとしては、顔の見える地元のお店という安心感や、サービスなどをいろいろつけてくれる場合があることかと思います。

ただ、なかには、強引なセールスや、契約を取りたいがために、都合のよい話を営業マンがしてしまい、トラブルになることもあり、国民生活センターにも苦情が寄せられています。

そういったトラブルの危険性があるのがデメリットです。

ただ、訪問販売が全て悪徳業者というわけではもちろんありません。

大切なのは、複数業者の見積もりをとって比較することで、訪問してきた一社だけの見積もりを見て、契約するのは避けるようにしましょう。

また、契約をとりたいがあまりに価格を下げすぎて、どこかで手抜きをされたり、不具合が出ては、たまったものではありません。お得すぎる話は、無理をしていないか注意しましょう。

業者選びのポイントはこちらの記事を参考にして下さい。

 

インターネット販売

最近では、インターネットでの販売を専門にする全国展開の業者も出てきています。

代表的なのが、楽天市場傘下の「楽天ソーラー」や、下記の一括見積もりサイトタイナビとも提携する「ソーラーリフォーム」などがあり、また、全国規模で展開する施工会社「日本エコシステム」もインターネットでの集客を積極的に行っています。

楽天ソーラーの口コミ評判と、メリットとデメリット
日本エコシステムの口コミ評判と、メリットとデメリット

インターネットの全国展開している業者では、直接の施工担当が外注になってしまうのがデメリットですが、日本エコシステムでは自社の施工専門子会社があって、施工の質を保つよう努力しているとのことで、信頼できるように思います。

インターネット販売業者の場合、激安価格を売りにしていることが多く、価格がおさえられるのがメリットですが、あまりにも安すぎるものは、パネルや施工の質に不安があるので、注意する必要があります。

 

一括見積もりサイト

このほかに、このサイトでも紹介している一括見積もりサイトへ登録して受注する方法があります。

一括見積もりサイトのメリットは、一度に複数の業者から見積もりをとれて便利だったり、価格やサービスを比較できることなどがありますが、一番のメリットは、選考基準をみたした業者だけを登録しているので、安心して利用できることだと思います。

デメリットは、業者選びのポイントをおさえていないと、どの業者がいいのか分からなくなってしまったり、価格競争になりがちなことです。
価格以外の施工実績や保証内容など、大切なところを見落とさないようにするのが大切だと思います。

おすすめの一括見積もりサイトはこちらの記事へ

 

Top 太陽光発電のメリットとデメリットへ戻る