太陽光発電システムの価格はいくら?  費用の内訳など

太陽光発電システムの価格はいくらくらいなのか、システム導入にかかる費用の内訳や、システム価格の動向について調べました。

 

J-PECの統計によれば、平成25年7月~9月に設置されたシステムで、1kWあたりの平均価格は417,000円/kWとなっています。

家庭用の太陽光発電システムは3kWから5kWの大きさなので、およそ125万円から208万円が平均的な価格だったことが分かります。(この時点よりもさらに価格が下がってきていると考えられます)

 

太陽光発電システム導入費用の内訳

太陽光発電システムの導入にかかる経費の内訳は以下のとおりです。それぞれの部品の標準的な価格をあげています。(参考:価格.com 太陽光発電システムの導入費用

  • 太陽電池モジュール(ソーラーパネル) 7万円×20枚  1,400,000円
  • パワーコンディショナー                 230,000円
  • 発電モニター                      50.000円
  • リモコン・ケーブル他                   20,000円
  • 設置架台                         80,000円
  • 太陽電池モジュール設置工事費              160,000円
  • 電気配線工事費                     115,000円

※これ以外に、機材の運搬費用や、申請手続き代行費用がかかります。

これらの導入にかかる費用が、補助金の支給される金額まで値引きされることになり、
この例では8万5千円値引きになっています。

 

おすすめ一括見積もりサイト

太陽光発電システム導入を決めたら、一括見積もりサイトで、各業者の工事費用やアフターサービス、扱えるメーカーなどを比較しましょう。

上で書いたような基準を満たした優良業者から見積もりをとることができるので、安心して利用することができます。

おすすめの一括見積もりサイトはこちらの記事へ

 

taiyoTopページ 太陽光発電 メリット デメリットに戻る