太陽光発電を設置した方の口コミ感想 設置してみて感じたメリットデメリット⑥

太陽光発電を設置した理由

太陽光パネルの本体価格が以前に比べてずいぶん安くなったことや、親戚で既に太陽光発電を設置している人に話を聞いて設置しようか考えていました。その中で、売電の買取単価が年々値下がりしていることを考え、42円のうちに契約を完了したいと思い、設置に踏み切りました。

設置することになった今住んでいる家が三年前に建てたばかりの新築で、オール電化であることも理由にあります。

 

施工業者を選んだ理由、施工してみての感想

太陽光パネルの設置にあたり、施工業者を数箇所まわりましたが、施工単価が安いところを選びました。

しかし、パネルの設置の際にかわらに穴をあける業者は、やはり雨漏れが心配でしたので避けました。また、瓦を省いてパネルを直接屋根にしてしまうやり方も、家にあまりよくないと聞き避けました。

実際に施工して頂いたものは、金具を瓦の内側に取り付けその突起した部分にパネルをつけていく方法(支持金具工法)のもので、メーカーの基準どおりに施工できていてよかったです。(参考:設置工法の種類

瓦の上からでも、色が合うからか、屋根に馴染んでいるように見えました。

 

ソーラーパネルを選んだ理由、設置してみての感想

KYOCERA 京セラ ADVANCE 4.163KWを選びました。

こちらを選んだ理由は、デザインがシンプルだからです。うちの場合瓦のうえにのせるため、できるだけ瓦に馴染んだデザインがいいと思いこちらにしました。

実際、つけていただいて瓦の黒とパネルの黒が調和しており、パネルが平面で余計な模様がないので、屋根に馴染んでいるように見えて、満足しています。

 

設置して感じた太陽光発電のメリット

太陽光発電を実際行うようになって、まず最初に感じたことは、家庭での節電意識が非常に高まったことです。モニターを通じて発電量と消費量、売電量が常に確認できるため、少しでも電気を節約しようと大人だけでなく、子供も考えてくれるようになりました。環境においても、しつけにおいても、それはとてもいいメリットだったと思います。

また、これはオール電化だからかわかりませんが、ローンを組んでもきちんと毎月プラスの収入になっているところが、やはり設置してよかったと思いました。

 

設置して感じた太陽光発電のデメリット

我が家は太陽光パネルを設置するためにローンを利用したのですが、ローンの返済は毎月変わらずあるのに、売電の収支が発電量によって影響を受けるという点が、デメリットのように思います。

また、サラリーマンの場合、給料以外の所得が20万円を超えると雑所得として所得税がかかる可能性があることも考慮しておくべきだと思います。

by pucchiさん
Top 太陽光発電のメリットデメリットに戻る