設置した方の口コミ感想⑨ 震災を機に設置しました

太陽光発電を設置した理由

東日本大震災が起こって、「もしも」の時の暮らしについて考えている時、太陽光発電について考えるようになり、もしもの時のため、また、震災後の「節電」の流れ、毎月の光熱費のために、太陽光発電を検討し、設置することにしました。

 

施工業者を選んだ理由、施工してもらっての感想

日本の中でも有数の「晴れの日が少ない県」に住んでいるため、発電量についての不安がありました。

我が家が太陽光発電を導入した時期は、太陽光発電が知られ始めたころでした。

まだまだ施工業者なども少なく、一括見積もりサイトなどもなかったので、インターネットと地元のフリーペーパーで取り扱い業者の情報を調べ、太陽光発電をメインにやっている会社と、大手家電量販店の2社に現地調査をお願いしました。

両方の見積もりを出してもらってから、最終的には大手の家電量販店のほうを選択しました。

のちのメンテナンスなどについても安心感があったこともありますが、担当の方の人柄と、自宅と社員の家に設置してデータを収集しているという姿勢に賛同しました。

我が家は南向きに片流れの屋根でパネル設置にとても適しているということも教えていただきました。

また、雪の多いエリアに住んでいますが、パネルのおかげで雪が屋根から落ちやすく、雪降ろしが不要になったりすることも聞きました。
ただ、雪が落ちても良い(お隣に雪がたくさん落ちない向きなど)という条件がそろって、初めて設置ができるようでした。

 

ソーラーパネル(メーカー、機種)を選んだ理由

ソーラーパネルに関しては、家電量販店にお任せしました。店頭には、「シャープ、太陽光発電のモニター価格で」というようなPOPがあり、そのまま、シャープを設置することになりました。

 

設置してみて感じた太陽光発電のメリット

設置前にインターネットで調べた際にも、口コミなどで心を惹かれたのは、「電気の使用量が目に見えるから、家族に節電意識が芽生えた」というものでした。その口コミの通りのメリットを我が家でも感じています。

モニターのランプが、青色の時は発電量が使用量を上回っていて、オレンジ色の時は使用量が発電量を上回っている、と目に見えるため、家族が電気について考えるきっかけになるのが、家計を握る主婦として感じる一番のメリットです。

また、我が家は幼い子がいるので、節電に協力したい半面、室内温度を安定させる必要があったため、空調に電気を使わざるをえなかったのですが、電気も使いつつ節電に貢献できる太陽光発電のおかげで、自分の気持ちの上でも楽になりました。

現在は子供は幼稚園児ですが、もう少し成長し、一緒に節電のことや環境のことを考えるきっかけにもなるだろうと期待しています。

 

設置してみて感じた太陽光発電のデメリット

導入にあたって組んだローンの支払いは毎月一定額な中、発電量は季節によって差があるため、家計のやりくりにおいて不安になる時は、正直あります。

家電量販店の営業の方は、「売電利益は専用口座で貯めている」とおっしゃっていましたが、同じ口座でやりくりしていると、うっかり使ってしまうということもあります。
設置後2年を過ぎた現在では、うまく乗り切れるようになっています。

 

088 その他の設置された方の感想はこちら

 

太陽光発電のメリットとデメリットについては、TOPページへ