マンションのベランダでも太陽光発電ができる!

マンションのベランダでも太陽光発電ができるようになってきているのをご存知でしょうか?

太陽光発電というと、一軒家の屋根にしか設置できないイメージでしたが、最近では、マンションのベランダに設置できる小型のソーラーパネルも発売されています。

もちろん、小さいサイズなので、屋根置きのソーラーパネルのようなkW単位ではなく、高くても200W~300W前後の出力で、発電量は少ないですが、中には蓄電池つきのタイプもあり、非常時にも使うことができると評判になっているそうです。

マンションのベランダでも使用できるソーラーパネルについて、どんな製品があるのか調べてみました。

 

自作の太陽光発電キットが基本

マンションのベランダでも使用できる小型の太陽光発電システムは、楽天市場などでもいくつか見つけることができます。これらは基本的に、自分で太陽光パネル、チャージコントローラー、インバーター、バッテリーといった各部品をつなげて作る、自作の太陽光発電システムです。

自作の太陽光発電については、また別記事にまとめたいと思いますが、配線をつなぐだけで作れるものの、通常のソーラーパネルのように、電力会社からの電気系統に接続することはできず、独立して使わなくてはいけません。

蓄電池つきでないタイプは100Wほどのもので、5万円~10万円台でありました。

楽天市場「ベランダ 太陽光発電」検索結果

 

ソルバンクの蓄電池つき太陽光発電

読売新聞やテレビ(めざましどようび、ZIPなど)でも紹介されたことがある蓄電池つきの太陽光発電システムです。
災害時などに、蓄電することで夜にも使うことができるので、テレビなどの情報源や、湯沸かしなど非常時に役立たせることができます。

最大出力280Wで、定価198,000円の従来タイプのものと、定価398,000円の大容量蓄電タイプがあります。使用しているのはソーラーフロンティアのソーラーパネルです。

従来タイプは、フルに蓄電すれば、夜間でも、10WのLEDランプは36時間、32型液晶テレビは5時間使用できます。
また、大容量タイプは、エアコンや在宅医療器具(医療器具についてはあらかじめ要相談)にも使用でき、エアコンは3時間使用できます。

従来タイプの取扱説明書がこちら(pdfファイル)で見ることができます。ソルバンクの太陽光発電システムも、自分で組み立てるタイプです。

大容量タイプ販売ページはこちらから↓

 

Topページ 太陽光発電のメリットデメリットへはこちらから