太陽光発電 メリット デメリット関連ニュース 遊休地に太陽光発電 神奈川県タウンニュースより

遊休地に太陽光発電 神奈川県タウンニュースより
http://www.townnews.co.jp/0605/2013/09/05/202044.html

持て余した畑や山地、駐車場にもできない土地―。そんな固定資産税や相続税がかかるだけの遊休地にお困りの方に朗報!

不動産鑑定士・税理士・太陽光アドバイザーなどの専門家グループによる「事業用太陽光発電の無料セミナー」が9月28日(土)午後2時から行われる。会場は平塚商工会議所(平塚駅南口7分)。

「セミナーでは、250坪程でも年約190万円の収入が20年間保証される可能性がある『再生可能エネルギー固定価格買取制度』を活用して、遊休地の最有効使用の実例や可能性、本当に得なのかを紹介いたします」。中立な立場で各メーカー発電機のメリットデメリットを説明してくれるので、自分の土地に最適な太陽光メーカーが分かる。 …

最近は、メガソーラーまでいかない、小規模の産業用(事業用太陽光発電)のニュースも増えてきています。

10kW以上の太陽光発電システムを産業用と呼ぶので、実は個人でも産業用太陽光発電を設置することができるんです!

屋根材一体型のソーラーパネルを設置して、10kW以上の太陽電池を設置出来るようにしたスマートハウスのニュースも最近よく見るようになっています。

このニュースは、屋根ではなくて、遊休地を持っている方が対象となる野立ての太陽光発電システム(野立ての太陽光発電についてはこちらの記事)についてのものですが、産業用太陽光発電は発電した電気をすべて売ることもできるから、売電収入の利益がすごく大きいです。(もともとの規模が大きいのももちろん)

実発電量が高くて日影に強いもの、耐久性が高くて、積雪や塩害、強風に強いものなど、メーカーごとにメリット、デメリットがあるので、そういったところを解説してもらえるのはありがたいですよね!

 

Top 太陽光発電 メリット デメリットに戻る