太陽光発電メリットデメリット関連ニュース オープンエネルギーシステム(OES)

ソニーコンピュータサイエンス研究所と沖縄科学技術大学院大学(OIST)の北野宏明教授が考案した太陽光発電など再生可能エネルギーを安定供給する新技術「オープンエネルギーシステム(OES)」の実用化に向けた実験が、OIST内で開始されることが分かった。今月から教職員宿舎の屋上へのソーラーパネル設置が始まっており、11月末までに実験環境を整備しデータの収集・解析に入る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130922-00000003-okinawat-oki

OESは複数の家庭を直流のマイクログリッド(送電線)でつなぎ、電力を共有し合い、日照量にむらがあった場合でも、複数の家庭のパネルで得た電力を、ソニーの開発した蓄電池に蓄えることで、天候に左右されない環境をつくる。」とのことで、天気で発電量が不安定になる太陽光発電のデメリットを補うことができます。

近い将来、太陽光発電を設置するのが当たり前になってくると、こうやって近所の家同士で電力を共有しあうことも普及するのかもしれません。

そうしたら、お隣の電気の使用量が多いとか、新しいトラブルが増えてくるかもしれませんね?!^^;

オープンエネルギーシステムについて詳しくは、ソニーのホームページへ

アフリカの無電化地域などでの活用も期待されています。

Top 太陽光発電のメリットデメリットへ戻る