野立ての太陽光発電のメリットとデメリット

主に産業用太陽光発電の場合に、野立てと言って、何もない土地に架台を設置してソーラーパネルを設置することがあります。

野立てで太陽光発電システムを設置することのメリットとデメリットをまとめました。

 

野立ての太陽光発電のメリット

  • 余った土地の有効活用
  • 角度などを自由に設置できる
  • 十分な広さがあり、周囲に影になるものがない土地ならば、高い発電量が見込める

野立ての太陽光発電のデメリット

  • 架台設置費用などがかかる、大規模なら費用が高い
  • 雑草駆除などメンテナンス費用がかかる
  • 広大な土地が必要
  • 盗難の恐れや、自然災害での被害のため、保険に入る方が良い

 

野立ての太陽光発電の設置費用は、基礎工事や架台設置、フェンスや雑草駆除などが必要になる場合もあり、屋根置き型の太陽光発電システムより高額な費用がかかることが多いです。

産業用太陽光発電では、住宅用太陽光発電以上に、業者ごとの価格差が激しいので、いくつもの業者から見積もりをとって、慎重に比較検討するようにしましょう。

 

 

産業用太陽光発電には、専用の一括見積もりサイトがおすすめ!

産業用太陽光発電では、住宅用の太陽光発電以上に業者ごとの価格の差が激しいので、複数の業者を比較することが大切です。
また、産業用太陽光発電の実績豊富な業者を選ぶ必要があり、産業用太陽光発電を専門にした一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

 

タイナビネクスト

タイナビネクストは、日本初の産業用太陽光発電に特化した専門サイトです。

太陽光発電一括見積もりの最大手タイナビが、産業用太陽光発電の実績がある優良業者を選んでいるので、安心して見積もりを依頼できます。

【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!

 

エコ発new

エコ発も産業用太陽光発電に力を入れていて、産業用太陽光発電の施工数が多くなっているそうです。
太陽光発電アドバイザー2名常駐で、メール相談も可能。
ホームページでは、産業用太陽光発電関連情報も多く発信しています。

 

その他のおすすめ記事
産業用太陽光発電のメリットとデメリット
産業用太陽光発電のソーラーローン

 

Back to 太陽光発電のメリットとデメリット