50kW以上と50kW未満の産業用太陽光発電はどう違う?それぞれのメリットとデメリット

産業用太陽光発電は、50kW以上の産業用太陽光発電と50kW未満の産業用太陽光発電で、法律上の扱いなどが異なります。両者のメリットとデメリットを比較しました。

 

50kW以上の産業用太陽光発電

まずはじめに、50kW以上の産業用太陽光発電システムのメリットとデメリットをまとめます。

 

50kW以上の産業用太陽光発電のメリット

50kW以上の産業用太陽光発電のメリットとしては、1kw当たりシステム単価が割安なことです。

発電量が50kw以上なら高圧連系となって、後述するように高圧受電設備の設置が必要にはなるのですが、発電量が多いシステムほど、1kw当たりのシステム単価が安くなるため、そのスケールメリットがあります。

また、システムが大きいほど、発電量が多くなるので、売電による収入が大きくなるのもメリットです。

 

50kW以上の産業用太陽光発電のデメリット

一方、50kW以上の産業用太陽光発電のデメリットは以下のものがあります。

 

電気事業法上の自家用電気工作物となり、さまざまな義務が発生する

具体的には、以下のような義務を負います。

  • 経済産業省令で定める技術基準に適合するための電気工作物の維持義務
  • 電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安を確保のため、保安規程の届出義務
  • 電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安監督のための電気主任技術者の選任届出義務

 

キュービクルの設置費用が高額

50kW以上の高圧連系になるとキュービクル(高圧受電設備)の設置が必要となりますが、高価な設置費用がかかります。

 

余計なランニングコストがかかる

管理費用が通常のものよりかかり、管理の委託あるいは保守サービスのための費用がかかります。

 

50kW未満の産業用太陽光発電

10kW以上50kW未満の産業用太陽光発電の場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

50kW未満の産業用太陽光発電のメリット

  1. 設計・積算・工事の期間が短い
    設備の規模が小さいため短期間で設置が可能です。
  2. 予算・面積を考慮できる
    予算や所有する土地に規模を合わせることができます。
  3. 初期費用を抑えることができる
    50kW未満の低圧連係で設置できるため、キュービクル・主任技術者の選任・電力会社との接続協議などの費用はかかりません。
  4. 手続きが簡便
    一般用電気工作物ですので、設置の工事は電気工事士が作業を行わなければなりませんが、保安規定の届出等の手続きは必要ありません。
  5. 電気主任技術者の選任は不要

 

50kW以上の産業用太陽光発電のデメリット

産業用太陽光発電では、規模があまりに小さいと費用対効果が悪い場合があります。

ちょうど50kwくらいが費用対効果が高いともいわれていますが、50kWを設置するためには200坪から300坪くらいの土地が必要となります。

 

産業用太陽光発電には、専用の一括見積もりサイトがおすすめ!

産業用太陽光発電では、住宅用の太陽光発電以上に業者ごとの価格の差が激しいので、複数の業者を比較することが大切です。

また、産業用太陽光発電の実績豊富な業者を選ぶ必要があり、産業用太陽光発電を専門にした一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

 

タイナビネクスト

タイナビネクストは、日本初の産業用太陽光発電に特化した専門サイトです。

太陽光発電一括見積もりの最大手タイナビが、産業用太陽光発電の実績がある優良業者を選んでいるので、安心して見積もりを依頼できます。

 

>>タイナビNEXTで無料一括見積もりを申し込む

 

 

そのほかのおすすめ記事

産業用太陽光発電のメリットとデメリット
産業用太陽光発電のソーラーローン

 

Top 太陽光発電のメリットとデメリットはこちら