太陽電池モジュールの設置方法 屋根置き型と屋根材型のメリットとデメリット

太陽光パネルの設置方法には、屋根の上にソーラーパネルを置く屋根置き型と、屋根の瓦や屋根材とパネルが一体になっている屋根材型(屋根一体型)があります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

 

屋根材型のソーラーパネルのメリットとデメリット

屋根一体型

シャープ・LIXILのソーラールーフ

屋根材型のソーラーパネルのメリット

  • 屋根の工事とソーラーパネル設置工事を 別々にする必要がなく、一度の工事で施工出来る。
  • 屋根全面をソーラーパネルにすることができるので、大きな発電量を期待できる
  • デザイン性に優れた屋根に仕上がる。

屋根材型のソーラーパネルのデメリット

  • 新築か、屋根自体をリフォームしないと設置できない
  • 価格が高い
  • 故障した時の修理が大変
  • 内側に熱がこもりやすいので、夏場は発電効率が下がる ⇒通風経路を設けるなど工夫されている製品もある
  • 家屋の一部と認定されて、固定資産税の対象になる

なお、屋根一体型には、ソーラーパネル自体が屋根材となっているものと、屋根にソーラーパネルを組み込むタイプがあり、後者を屋根組込型と呼ぶこともあります。

 

屋根置き型のソーラーパネルのメリットとデメリット

屋根置き型

屋根に架台を設置してパネルを置くタイプのソーラーパネルです。

屋根置き型のメリットとデメリットは以下のものがあります。

屋根置き型のソーラーパネルのメリット

  • 費用が安い
  • 裏に熱気がこもらない
  • 修理が楽

屋根置き型のソーラーパネルのデメリット

  • 屋根の形、材質、古さなどを選ぶ
  • 屋根一体型よりパネル面積は小さくなる
  • デザイン性 パネルが目立ってしまうこともある

 

屋根置き型と屋根一体型、それぞれにメリットとデメリットがあります。

屋根一体型か屋根置き型かもふくめて、ソーラーパネルの種類や業者を選ぶときは慎重に検討しましょう。

 

088 業者選びのポイントはこちら

088Top 太陽光発電のメリットとデメリット