メーカーごとの施工基準の比較

太陽光発電システムは、全ての屋根に設置できるわけではありません。

太陽光発電システムメーカーは、設置施工に関して一定の安全基準(施工基準)を設けており、施工基準を満たさない工事を認めていません。

万が一、施工基準にそぐわない場合は、保証の対象外になるものもあります。

施工基準の主な項目は、「基準風速」が一定以下であること、「塩害」対策として海岸から一定距離以上離れていること、最大「積雪」量が一定数値以下であること、設置する場所の「高さ」が一定以下であること、屋根の端から一定距離は設置ができないことを示す「モジュール設置可能範囲」などがあります。

各主要メーカーの施工基準は以下のとおりです。

 

シャープ

基準風速は40m/s以下、塩害については海水が直接飛散しなければ可、最大積雪量200cm未満、設置の高さ13m以下、モジュール設置可能範囲は200mmとなっています。耐えうる積雪量が他社と比べて圧倒的に起きいことから、雪国での設置に向いていると言えます。

 

パナソニック

基準風速は屋根置きタイプで46m/s以下、野地ぴたタイプで38m/s以下、塩害については海水が直接飛散しなければ可、最大積雪量100cm未満、設置の高さは屋根置きタイプで13m以下、野地ぴたタイプで11m以下、モジュール設置可能範囲は200mmとなっています。

パナソニックの特徴である野地ぴたタイプが屋根置きタイプに比べて条件範囲が狭くなっています。

 

東芝

基準風速は40m/s以下、塩害については海岸から300m以上、最大積雪量99cm以下、設置の高さ13m以下、モジュール設置可能範囲は200~250mmとなっています。比較的平均的な数値による基準です。

 

京セラ

基準風速は要確認、塩害については海水が直接飛散しなければ可、最大積雪量99cm未満、設置の高さは原則8.5m以下、モジュール設置可能範囲は200~300mmです。

設置の高さについて、他社と比較して最も低いですが、「原則」という言葉が付くように柔軟なものとなっています。

 

ソーラーフロンティア

基準風速は38m/s以下、塩害については海岸から500m以上、最大積雪量139cm以下、設置の高さ10m以下、モジュール設置可能範囲は100~400mmとなっています。総合的に見て、他社に比べ設置条件の範囲は狭く、設置可能についてもケースバイケースによるところが大きいと言えます。

 

サンテック

基準風速は36~38m/s以下、塩害については海岸から50m以上、最大積雪量150cm未満、設置の高さ10m以下、モジュール設置可能範囲は200mmとなっています。

 

太陽光発電のデメリットはTOPページへ