太陽光発電システムの耐用年数 法定耐用年数は17年!

太陽光発電システムの耐用年数について、法律上さだめられた法定耐用年数や、実際の各機器の耐用年数についてまとめました。

 

太陽光発電システムの法定耐用年数は9年でなくて17年!

法定耐用年数とは、減価償却資産について、何年使用可能かを税法上で定められている期間のことをいいます。

インターネットで『太陽光発電 耐用年数』で検索するとまず、国税庁の法人税についてのこちらのページがHITし、9年と書かれています。

しかし、上のページでは工場用の設備の太陽光発電システムについて決められているので、ふつうの住宅用などの太陽光発電システムの場合は、「減価償却資産の耐用年数等に関する省令別表第2」の、その他の金属製設備の「17年」に該当するそうです。 (参考:国税庁HP

一番はじめに検索で出てくるのは例外ケースのことなので、注意が必要です。

 

太陽光発電システムの実際の耐用年数は?

通常の太陽光発電システムの場合、上のように法定耐用年数は一般に17年ですが、それとは別に、実際の耐用年数はどのくらい持つものなのでしょうか?

 

ソーラーパネルは20年以上もつけれど、数年で故障するケースもある

太陽電池モジュールという、太陽からの光を電気に変える部分(=ソーラーパネル)は20年以上持つとも言われていて、最近では15年、20年の長期の出力保証をうたうメーカーも増えてきています。

ただ、一方で、5年以内で約3割の太陽電池モジュールに故障が見つかるという報告もあります。

多くのメーカーでは、製品保証は10年というところがほとんどなので、保証期間内の故障は無償修理してもらえることが多いのですが、10年を過ぎると故障してしまった場合は、自費での修理になります。

 

パワーコンディショナーは約10年

また、パワーコンディショナーという家庭内で使える電気に変換する機器にも寿命があります。

こちらの耐用年数は10年ほどで、9年も経過してくるとこのパワーコンディショナーが故障してしまう可能性が高いです。

パワーコンディショナーの保障も10年保証が終わったあとに修理・交換すると、自費で行わないといけないので、注意が必要です。部品の交換で済む場合もありますが、パワーコンディショナーの交換費用は維持費として考えておいた方が無難です。

 

メンテナンス費用のこともきちんと説明してくれる誠実な業者を選びましょう

以上のように、太陽光発電システムは、耐久性の高い製品とは言われているものの、故障や点検などのメンテナンス費用もどうしてもかかってきてしまいます。

業者選びのときは、お得な話だけでなく、そういったマイナス面もきちんと話してくれる業者を選びましょう。

 

業者選びのポイントは、こちらの記事にまとめています。

 

TOP 太陽光発電のメリットとデメリットへ戻る

 

 

 

Topページ 太陽光発電のメリットデメリットへ戻る