太陽光発電関連用語集 さ-そ

<再生可能エネルギー>
自然界の循環の中から生み出されるエネルギーのこと。太陽光や風力など枯渇する心配がなく、発電などに利用可能なエネルギーの総称で、新エネルギーとも呼ばれます。実質的に無限で環境にやさしいエネルギーなのですが、気象条件に左右され安定性に欠けるという弱点があります。

<シリコン>
一般的に太陽光発電で最もよく使われる発電素材です。岩石などに豊富に含まれるケイ素を精製して結晶化したもので、半導体として非常に安定した性質を保ちます。結晶構造の違いから、単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスシリコンなどに分類されます。

<シャープ>
ソーラーパネルの累計生産量世界一、国内販売シェア第一位の日本を代表する太陽光発電メーカーです。業界のパイオニア的存在であり、その製品は多くの住宅メーカーで採用されています。製品の基本性能と信頼性の高さ、充実したサービスなどどれをとっても世界トップクラスのメーカーです。

<支持瓦工法>
屋根瓦の上にソーラーパネルを設置する工法の1つです。一部の瓦を専用に設計された支持瓦と交換して、支持瓦に直接ソーラーパネルを固定する新しい工法です。屋根や瓦に穴を開ける必要が無いので、長期的にも雨漏りや屋根の劣化が起こりません。

<自立運転>
家庭用一般電源が停電した場合などに、太陽光発電システムから直接電気を使えるようにする機能のことです。
災害時の非常用電源として使うことができます。パワーコンディショナーにこの機能が付いていることと、専用のコンセントが設けられている場合にだけ使用できます。

<スマートグリッド>
電力の需給をIT技術で最適化するシステムのことです。再生可能エネルギーを使って発電した電気は、発電量の変動が大きく、送電網(グリッド)に供給されると全体の電圧や周波数にも変動が伝わってしまいます。それを防ぐために最新の技術で送電網全体の電力需給バランスをとり、システムの安定化を図る目的で考案されました。

<セル>
本来は細胞を意味する言葉ですが、太陽光発電では太陽光を電気に変換する最小単位の基本ユニットを表します。シリコンなどの半導体から作られていて、このセルを多数組み合わせたのがソーラーパネルです。

<接続箱>
太陽光発電システムの周辺機器の1つ。いくつかの太陽電池モジュールを1本の回路としてつなぎ、それらの回路を複数まとめる役割を果たします。またそれぞれの回路の電圧を一定に揃えたり、回路の状態をチェックして、トラブル時にモジュールを保護する機能も備えています。

<全量買取制度>
再生可能エネルギーを使って発電した電気を、電力会社がもれなく買取る制度です。産業用太陽光発電で採用されています。
家庭用の小規模発電については、自家消費しないで余った分だけが買取の対象です。買取に必要な費用は、電気の使用者全員が使用量に応じて負担する仕組みです。

<ソーラーパネル>
太陽電池セルを多数組み合わせて1枚の板状に成形したもので、太陽電池モジュールとも呼ばれます。このソーラーパネルを複数枚組み合わせた、太陽光発電システム全体を指す場合もあります。

 

TOP 太陽光発電 メリット デメリットへ戻る